「1980年代以降の日本で起こった社会や経済の変化からマレーシアの未来が見えるはず。」
マレーシア在住17年の元大手生保ファンドマネジャー「おいてけぼり」とマレーシア不動産&ロングステイ研究の「Mat」がタッグを組んで、マレーシア株とマレーシアREIT (M-REIT) 情報を発信します。 ブログより詳しい情報は有料メルマガを御覧ください。

「マレーシア株投資研究会」有料メルマガ

日本語による情報量の少ないマレーシア株とM-REIT。 おいてけぼりとMatが毎週日曜日にお届けする有料メルマガは月525円(消費税込)です。 前週の相場動向、個別銘柄の詳細分析や投資戦略など、どんどん紹介して参りますので、御購読いただけると嬉しいです。 有料読者様限定イベントも企画予定です。

マレーシア株に関する取材の申込や地場銀行・証券のプレミア口座開設御希望の方、メールにて御連絡下さい(週末に作業しております為、御回答に時間を要しますが御容赦下さい)。

malaykabu@gmail.com

「マレーシア株投資研究会」の購読を申し込む 【注】ブログ記事はこの固定ページの下に有ります。「新着情報(コチラ)」または右のサイトメニューからもアクセス出来ます。

マレーシア株とM-REITに注目する5つの理由

1. 豊かな天然資源と安定的な経済成長実質成長率推移
2. 若い国民と人口増加人口推移
3. 1万ドル・クラブ入りして活発化する消費一人あたりGDP推移
4. 経常収支黒字国経常収支推移
5. 中央銀行の安定した経済運営インフレ率推移

日本の1万ドル・クラブ入りは1980年頃、経済成長に伴って株価も上昇しました。【株価推移

マレーシアで買える株とM-REIT

  • 上場株式800銘柄以上有り、東証1部にあたるMain BoardとJASDAQにあたるAceで売買されます。
  • M-REIT(上場不動産投資信託)小口資金でも商業施設、オフィス、ホテル等のマレーシア不動産に投資できます。

マレーシア株とM-REITに投資する方法

  • 日本の証券会社で海外株口座開設取扱銘柄が限定される上に手数料も割高ですが、国内で口座を開設して日本語での取引が可能です。
  • マレーシアの証券会社で口座開設(推奨)一度は現地に行く必要がありますが、売買は専用アプリによるオンライン取引です。
  • マレーシアの銀行で口座開設(推奨)マレーシアならHSBC Premier口座がRM200,000(約600万円)の預金残高で維持できます。

新着情報 : ブログ記事一覧はこちら »

投稿日:2013年10月01日 | お問合せ: malaykabu@gmail.com

マレーシアは意外と観光立国だった

マレーシアへの観光客数って、どのくらいいると思いますか?


2012年は2503万人だそうです。なんと外国人観光客訪問数で世界10位のランキング。意外と多いのですね。


日本政府観光局のウェブサイトに載っていた表です。
(クリックで拡大)


外国人観光客ランキング


ダントツはフランスで、8300万人もいますが、マレーシアはタイの2235万人より多く、シンガポールの1039万人の倍以上。これは意外でした。シンガポールはマレーシアより多い印象がありましたが、大したことなかった。ちなみに日本は836万人。少ないですね。


マレーシア観光局によれば、2013年の目標が2600万人、2014年は2800万人。なぜ政府が観光客誘致を頑張っているかと言えば、それはもちろん観光客が落とすお金。2014年の稼ぐ目標金額はRM750億(約2兆2500億円)。さらに2020年の目標は3600万人でRM1680億(約5兆400億円)。ホテル代を含めて一人14万円くら落としてくれれば、こういう数字になります。バカにならないです。観光って、外資獲得にはもってこいです。


観光で恩恵を受けているセクターや銘柄は何でしょうか。ホテルだとShangri-la(5517)Landmark(1643)などが上場しています。


オリンピック開催もあることだし、日本も頑張れ!